子宮内膜異形増殖症だって。

筋腫分娩から始まった闘病の全記録。

正体は大きくなりすぎた筋腫。

病室のベットで天井と点滴の量を眺めながら
先生と彼の話を頭の中で整理していた。

温泉に行った時
はじめて手に触れた何かが
大きくなりすぎて重さに耐えられず
子宮から飛び出してきた筋腫だったんだと知った。

怖い。
ホラーだ。

それが今日
お風呂で産んだあの拳大の蒼白い物体の正体。

何年ものの筋腫だったのか‥。
確かに落下した時はレバーの塊より重い音がした。
大きさだってわたしの拳と同じ大きさだった。

考えれば考える程
今更ながら血の気がひいた。

無知って怖い。

身体はSOSを出していたのに
無視してきたわたしが何より悪い。

この時ばかりは反省した。

そして生きている事に感謝した。

パパの言うとおりちゃんと治そう。

取り敢えず傷口からの出血が落ち着くかは
今夜がやま。

突発的に大出血が起これば
全摘になってしまう。

それだけは避けたい。

看護師サンが1時間おきに確認にきて
『出血大丈夫だね』と言われるのを
ひたすら願いながら待つ長い夜が始まった。