子宮内膜異形増殖症だって。

筋腫分娩から始まった闘病の全記録。

白衣の天使降臨。

ほとんど寝ていないと言うのに
意識がやたらと冴えていた。

血圧を測りにきた看護師サンが
濡れた暖かいタオルで顔を拭いてくれる。

優しい手。

人は他人に
こんなにも優しい手を差しのべられるものか‥。

『白衣の天使』とはこの事なんだろう。

確かに天使だ。
もてない訳がない。

そんな結論に達した。

彼が仮眠をして病室に戻ってきた。
『も少ししたら一回家に帰って仕事行ってくるね』
『うん。でも眠いよね?無理しないで』
大丈夫と言って笑った彼も男前に見える。

弱っていると世界が変わる。
たまにはいいかも知れない。

無事に朝を迎えて安心したからかもしれないが
いろいろと考える余裕も出て来て
気持ち的には結構元気な感じ。

それだけに朝ごはんを楽しみにしていたけど
結果、昼食からになった。

‥まぁいい。

病室の扉を開け閉めする度
美味しそうな匂いがする時間になったようだけど
まぁいい‥。

昨日からずっと何も食べてない事に気付いたけど
まぁいい。

死ぬか生きるかの夜を越えたんだ。
朝ごはんが食べれない事なんて小さな事だ。

‥まぁいいさ。