読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

子宮内膜異形増殖症だって。

筋腫分娩から始まった闘病の全記録。

膣って凄い。

膣内に目一杯ガーゼを詰め込まれ診察室を脱出。

改めて知った事。
膣内って結構何かを納められる。

膣って凄いね。

看護師サンと病室に戻る時に聞いてみた。
『シャワーとかって‥』
『そうだよねー‼先生に聞いてみますね‼』

部屋に戻るとさっチンが戻ってきていた。

『おかえりー!どこ行ってたのー』と笑う。
『今ね詰めてたガーゼ交換してもらいに行ってた』
『おー、そーかぁー』

短い距離でもやっぱり疲れる。
貧血を甘くみてた。

看護師サンに見守ってもらってベットに座る。

『じゃシャワーの事、聞いてみますからねー』
『お願いします‼』

とにかく体も髪も洗いたい‼
短時間でもいいから先生お願いー‼
goサインをーーーッ。

『あたし今日シャワーだよ』
『いーなー』

心から羨ましい。

わたしはお昼まで何もする事がなくなった。
でも動けないし。

‥暇だ。

さっチンの友達がお見舞いに来て
ますます暇になったわたしは
久しぶりにblogを更新したり
宅建の資格試験が迫っていたので
過去問に手を付けることにした。

が‥集中出来ない‼

テキスト黙読に変更。

やはり集中出来ない‼

諦めた。

横になってまた外を眺める。
大活躍のイヤホンを装着して
スマホでBIGBANGを聞きながら。

そのままいつの間にか眠ったようで
ママに声をかけられて目が覚める。

『どお?調子は』

診察室でガーゼを交換した事なんかを報告しながら
ママが持ってきてくれた葡萄のゼリーを平らげた。

『何か必要なものある?』
『お茶とか飲み物欲しい』
『じゃぁコンビニ一緒に行く?』
『行く‼行く‼』
『ちょっと待ってて』

なんて素敵なのー‼
コンビニがまるでディズニーランド位のテーマパークにさえ思える。

看護師サンに許可をもらって車椅子を借りてくれた。
それに移動してパパに押してもらう。

凄く楽しいw

コンビニで飲み物とチョコレートと雑誌を買ってもらって
部屋ではなく談話室で3人で話をする。

パパもママも安心してくれてる。
わたしも元気だし。

退院したら実家に拉致される事になったけど
それも仕方ない。

むしろ感謝しなくちゃいけないんだろう。

病院か実家なら、実家を選ぼう。

いい匂いがしてきた。
お昼ご飯だー!

部屋に連れてってもらって皆でご飯を食べた。