子宮内膜異形増殖症だって。

筋腫分娩から始まった闘病の全記録。

カラダの不思議。

4日目。

いつもの時間になって回診。

『出血もないようだし診察次第だけど、どうします?
退院しますか?取り敢えず今は止血が出来てるので
病院では貧血の対策のみだから自宅でも大丈夫ですよ』

やった‼

『はい、退院します‼』
『じゃぁ後で診察させて下さい』

帰れる‼
嬉しい‼

すぐさまママにLINE。
彼にもLINE。

はやる気持ちを押さえて診察室に呼ばれるのを待つ。
看護師サンが迎えに来てくれた。

診察中、先生が
『大丈夫だね。少量の出血は暫くあるだろうけど
退院も大丈夫でしょう。』

ありがとー先生‼
ありがとー看護師サン‼

スキップしたい気持ちだけど酸欠になるからやめとこう。

退院は明日に決まった‼

看護師サンが退院した後の受診予約や注意点なんかを
明日、説明してくれるらしい。

またまたママにLINE。

“おめでとう‼”
“いろいろありがとね”
“明日の9時頃まで行くからね”
“うん‼よろしく”
“今日行こうと思ってたんだけど大丈夫?”
“大丈夫だよ、明日で”

彼からもLINEが戻ってくる。

“良かったね、夕方行くから”
“はーい”



さっチンにも一応報告しなきゃ。
治療に行ってるのか病室に戻った時にはいなかった。

その間、シャワーの順番が来たので
看護師サンの見守り付きで至福のシャワーtimeを満喫。

何だか少しずつだけど体が楽に動くような気がすると
看護師サンに言ったら
『少ない血でも上手に体がそれに合わせて
動けるようになるから大丈夫ですよ。
でも無理は絶対に駄目です』と。

なるほどねー。
身体ってすごいんだ。