子宮内膜異形増殖症だって。

筋腫分娩から始まった闘病の全記録。

退院の日。

5日目の朝を迎える。

回診後、いつものように診察室に向かい
ガーゼを取ってもらった。

詰め込んだ物がなくなったのがちょっと嬉しい。

ママが迎えに来てくれて看護師サンから通院の予約日や
退院後気を付ける事とかいろいろと説明を受ける。

その後、薬剤師サンが薬を持ってきてくれたりと
忙しく時間が過ぎた。

さっチンは『じゃぁまたね‼』と言って病室を出ていく。
『うん、またね』と手を振った。

緊急入院の日、わたしの服は血だらけで
ERで切られてしまったりしたので
ママが持ってきてくれた服に着替える。

ベット周りの物をバックに詰め込んで
数日お世話になった病室を出た。

帰り際、とても良くしてくれた看護師サン達にもお礼を言って
ママに車椅子を押してもらって
玄関前に停車していた車に乗り込んだ。

荷物を車に置いてママが『会計してくるから待ってて』と
中に戻って行った。

外は7月の下旬らしく、とても暑かった。
病室にいると快適過ぎて忘れがちだけど。

エアコンの温度を少し上げてママを待つ。

入院費、払ってもらっちゃったなぁ。
後でちゃんと返さなきゃ‼

退院日にならなきゃ診断書の依頼が出来ないらしいので
ママに頼んで会計の後で申請もしてきてもらった。

車に戻って来たママが
『さて、帰りますか‼アパート寄らなくて平気?』
『うん、大丈夫と思う』
『じゃぁ帰ろ、パパが楽しみにしてたし』

見慣れた景色を助手席から眺めながら実家へ向かう。
途中、彼から着信。
『もしもし』
『もう病院出た?』
『もう実家に向かってるよー』
『了解。夕方行くね』

うん。
なんか“普通”だ。
普通の日常。

これからはちゃんと病院にも行く。
通院もちゃんとする。
自分の身体を大切にする。

こんなに大事になるなんて思ってもなかった。
とても迷惑をかけちゃった。
心配もしただろう。

自分だけの事じゃないんだ。

病院に行くタイミングなんて沢山あったのに‥。
後悔ばかり。

『今日は何食べたい?』
『んー‥。何かなぁ』
『お寿司取ろうかってパパが言ってたよ』
『お寿司か。いいね』
『Kクン何時に来るって?』
『仕事終わってからだから早くても7時位にはなるでしょ』
『じゃぁそれに合わせてつくってもらっちゃう‼
帰ったら電話しなきゃ』

ママは楽しそう。
楽しそうなママを見てわたしもほっとする。

実家まではもう少し。

この時のわたしは
筋腫分娩に関わる病が全て回復すると信じていた。