子宮内膜異形増殖症だって。

筋腫分娩から始まった闘病の全記録。

彼の想い。

賑やかな夕食が終わって
部屋で荷物の整理を彼に手伝ってもらう。

スマホを見るとさっチンからLINEが来ていた。

『着信に気付かなかったなぁー』と言うと
『自分じゃわからないだけで疲れてたんだよ』と彼。

一通り荷物の出し入れも終わって
彼がコンビニで買ってきたものを出し始めた。

『あ、パイの実ー‼』
たけのこの里もあるよw』
『すごーい‼テンション上がった‼』
『一気に食べるとデブまっしぐらだからな』
『‥わかった』

好きなものを買ってきてくれてたんだ。
嬉しい。

『いろいろ、ありがとね』
『ん?何、改まってw』

今回は本当にいろいろ迷惑も心配もかけちゃって
無理したはずだから。

こんな時は、ちゃんと気持ちを伝えなきゃって思った。

『正直、俺ね‥
嘛璃が、もしかしたら死んじゃうんじゃないかと思った』
『うん』
『アパート入って倒れてる嘛璃を抱き上げた時も
血が半端なく出ててさー。
どこから出血してんのかも分かんないまま、顔を見れば
真っ白ってか真っ青ってか血の気が全くないのが分かって』

彼がせきをきったように話始める。
わたしは黙って聞いていた。

『よく行動出来たなって思うんだよ。
パニックになりそうな状況だったはずなのに
俺がちゃんとしなくちゃ嘛璃が死ぬと思った』
『あたし、Kが到着するまではと思って頑張ったんだよ』
『どうして何も話してくれなかったの』
『‥』
『自覚症状、あったはずだって先生も言ってたぞ』
『うん』
『ただ単に病院嫌いだから?』
『それもある』
『他には』
『きっと何か悪いんだって分かってたから
怖かったのもあるし‥仕事とかのタイミングとか‥』
『馬鹿なの?』
『‥』

何も言えなかった。
反論もない。

『どんだけ心配したか分かる?』
『ごめん』
『今、やっと安心したからか反動ですごいきつい事
言ってるかも知れないけどさ』
『‥』
『俺、家族みたいな人に死なれたかも知れない訳』
『‼』
『病院に着いて、嘛璃がストレッチャーに乗せられて中に入ってさ
ひとりで駐車場に車停めて中に行こうとして
急に怖くなって震えが止まらなくなって変な歩き方でさ』
『‥』
『死んじゃったらどうしようって』
『‥』
『ERの外でやっと電話しなきゃってお母さんに電話して』
『うん』
『‥何でも言ってよ』
『うん』
『ちゃんと一緒に考えるからさぁ』

泣いた。
涙が止まらなくて。

お菓子の箱を持ったまま彼がわたしの横に座る。

背中をさする手が看護師サンみたいに暖かくて安心したら
ますます涙が出る。

『ごめん』
『うん』

泣き止むまで彼が隣にいてくれた。