子宮内膜異形増殖症だって。

筋腫分娩から始まった闘病の全記録。

流れ作業の婦人科外来。

多少の出血が続いていたけど
それ以外は何も問題なく実家療養5日目。

退院後はじめての通院の日。

ママに運転してもらって
途中、マカロンが美味しいお店に寄り道した。
さっチンと堪能するために。

その前に取り敢えず診察だ。

予約票を受付機で読み取りして採血室で採血後
婦人科外来へ。

中扉を開けると待合室はごった返していて
ずっと立ってられる体力がなかったわたしは
フラっとした事もあり
途中、看護師サンに言って車椅子を準備してもらった。

『こりゃかかりそうだねw』
電光掲示板の番号と自分の受付番号の紙を見比べる。
『大きい病院って、こーいうとこが嫌なのよねー』
ふたりである程度の覚悟をした。

まず、着いたことをさっチンに伝えよう。
スマホを取り出して“外来なう”と送信。

なかなか既読にならない。
診察かシャワーかなぁ。

ママはちゃっかり持参した本を読みはじめて
わたしもゲームで時間を潰す。

もうすぐ2時間が経過する頃
やっと診察室の入口にわたしの番号が。

『じゃ行こうか‼』
『うん』

車椅子のまま呼ばれた診察室に入った。

『お待たせしてすみません。こんにちは』と先生。
『よろしくお願いします』
『どうでしたか?出血とか大丈夫でした?』
『少しは出てますけど大丈夫だと思います』
『血液検査の結果も少し改善してますから
鉄剤をもう少し出すので飲んでて下さい』
『わかりました!』
『じゃぁ診察させてもらいますので待合室でお待ち下さい』
『はい』

診察室を出て、ママが言った。
『あの先生って何か無愛想だねぇ』
確かに。

なんと言うか‥ぶっきらぼう?
顔を見て話さない。
聞きたい事とか、聞けない感じで。

まぁね‥。
今日の何百人の内のひとりだもんね、わたしは。
流れ作業感、半端ない。

いろいろ考えながら数分。
すぐにあの動く診察台のある部屋に呼ばれた。

おーッ。
久しぶりだなw
もう怖くも何ともないわいと思いながらその椅子に座る。

『あのー‥出血してるんですけど大丈夫ですか?』
『大丈夫ですよー‼』

そうなんだ。
大丈夫ならいいんだけど。

向かいに先生が来た。

『はい、じゃぁ触診します、力を抜いてて下さい』
『はーい』

うん。
慣れたもんだ。

『中、見ますね、機械入りますよー』

痛くはない。
ビクビクしながらも聞き耳をたてる。

『少し傷口からの出血があるけど大丈夫です』
『ありがとうございます』
『では今日はこれで終わりになります』

え?
聞きたい事あったのにー‼

渋々待合室に戻ってママに報告。
『もう普通に動いていいのか聞きたかったのに
診察はもう終わりみたい』
『そうなの?』
『うん』

暫く待つと看護師サンが次回の受診予約を持ってきて
カルテを会計の受付に持ってって下さいと言った。

『あの。わたし、普通に動いてももう大丈夫なんですかね』
『先生は何か言ってましたか?』
『聞きたかったけどタイミングを逃したみたいで‥』
『じゃぁ確認してきますね』

戻って来た看護師サンは
『急激にじゃなければ大丈夫だそうですよ。
体調みながら調整してみて下さい』

いいんだ。

確かに早歩きも息が上がるし階段も疲れるけど
積極的に動いてもいいなら気持ちが楽だ。

今日は問題もなく無事帰れる。
感謝。