読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

子宮内膜異形増殖症だって。

筋腫分娩から始まった闘病の全記録。

手土産は笹かま。

チェックインを済ませて荷物を広げてみたものの
わたしは少しベットに横になった。

さすがに足元のおぼつかない雪道を
病み上がりのふたりが歩くには体力の消耗が激しかった。

キャリーケースもほとんど引く事もなく持ち歩く始末。
やっぱり疲れるなぁ。

それでも1時間程過ごしてやっと動き出す。

予約を入れてあるお店に行く前に
札幌駅の中をうろうろ。

それぞれお土産を買うのに忙しい。

お茶しながらも買い物を続けて約2時間。
『こんなもんにしとくかー』と言うことになりホテルに戻る。

フロントでダンボールを購入。
使わないものとこの大量の土産物を送りつける。
とは言え‥自分に‥なんだけど。
封はしないままで明日最終的に必要な物以外は
送った方が身軽でいい。

この雪道を重いままのキャリーケースを持ち歩くのはもう勘弁。

で、知り合いのお店の店長にと買ってきた笹かまを持って
楽しみにしていた、わたし達だけの特別メニュー
“店長プロデュース北海道グルメ三昧”を味わいにお店に向かう。

最寄り駅を降りればそびえ立つ札幌テレビ塔。
彼女が行ってみたいと言うのでついでに寄ってみる。

わたしはゆるキャラ好きだ。

なので北海道に来た時は必ずテレビ父さんグッツを買う。
彼女も何やら結構な量の買い物をしたようだ。

職場にばらまき用との事。
楽しそうで何より。

テレビ塔から見る夜景もカメラにおさめ
予約の時間ギリギリな感じでお店に入った。

店員さんに事情を話すと知っていたようで
『お待ちしてました‼店長を呼んで来ます‼』と
小走りで駆け出して行った。

わたし達はその間に靴を脱いで身なりを整えた。

『あー‼お待ちしてました‼北海道とお店にようこそ‼』
『店長‼お久しぶりです‼コレ‥みなさんでどうぞ』
『えー?笹かま‼大好きです‼』
『よかったー』
『 ありがとうございますー。
お部屋の準備も出来てます、こちらへどうぞー』

部屋はお洒落な個室だった。

『それでですねー。この時期にこんなに雪が降っちゃって
漁が出来なかったようで仕入れられたものが少ないんです。
だけどそれなりに準備はしてましたんで
絶対喜んでくれると思うものをお出ししますから‼』
『もちろん‼仕方ないですもん‼楽しみにして来たので
よろしくお願いします』

店長はにこっとして戻って行った。

こんなに悪条件だったんだもん。
それは仕方ない。

だけど、やっぱりプロだよね。

喜んでもらえるようにと考えてくれてる。
その気持ちが本当に嬉しい。

わたし達はお料理が運ばれて来るのを待った。