子宮内膜異形増殖症だって。

筋腫分娩から始まった闘病の全記録。

ハプニングは爆弾低気圧。

名古屋4日目。
最終日。

朝、起きたら少し出血していた。
『!?』
生理?

だけど量が少ないから大丈夫。
きっと生理だ。

朝、コンビニでナプキンを余分に買って様子をみることにした。

朝ごはんを食べながらさっチンに報告。
今日も無理しない程度に満喫しようと言ってくれた。

最終日は東山動植物園に行く事になっていたので
チェックアウト後、駅のコインロッカーに荷物を預けて
わたし達は目的地に向かった。

取り敢えず出血の量は少ない。
東山動植物園に到着後
頻繁にトイレに行っても止まってしまったような少なさ。

気にはなるけど出ないほうが今はいい。
家に帰るまでは何とかもって欲しいと願う。

そんな事を考えながらも動植物園を楽しんだ。
シロクマもアシカもとにかく何もかもがツボ。

楽しくて仕方がない。

そろそろお土産を物色して
早めにフェリーターミナルに向かうかと話していた矢先
見知らぬ番号からの着信。

留守電のメッセージを聞くと
フェリー会社の乗船予約窓口からだった。

慌ててかけ直すと
“低気圧が発達して名古屋を定刻に出港するけど
明日の仙台入港が大幅に遅れるかも知れないので
急ぎなら他の交通手段を使って帰る選択肢もあるが‥”
といった内容。

特に用事もないので予約通り乗船すると伝えて
わたし達は東山動植物園をあとにした。

名古屋からフェリーに向かう途中
さっチンが『むしろゆっくり乗りたいからラッキー』と。
さすがB型である。
何でも楽しむ傾向のふたりにとっては
嬉しいハプニングだったのかも。



フェリーターミナルに早めに着いてまったりしながら
天気予報を調べてみる。

爆弾低気圧
最近の旅ではよくご対面するんです。

飛行機でもフェリーでも新幹線でも。
晴れ女の異名を持つわたし的には
返上しなくてはならないかも知れない程の高確率。

どんだけの爆弾か。
対決の準備に、取り敢えず酔い止めを飲んでみる。
あとは気のもちよう。
なんとかなる。

乗船開始。
カードキーをもらって部屋に入る。

取り敢えず出港前にシャワーを浴びる。
わたしは部屋のお風呂。
彼女は大浴場。

特に大浴場は揺れがひどくなると
閉鎖されてしまうこともあるらしいので
出港前に入っちゃえば問題なし。

確かに揺れる。

ご飯も早く食べてしまうのがいいかもと
シャワー後、早めの夕食をとりにレストランへ。

食べはじめて暫く経つと船の揺れが激しくなって
まだ消化出来ない食べ物が全部出てきそうな気持ち悪さ。

やばい。

だけど彼女は意外に大丈夫なようで
部屋に戻る前に売店に寄る強者ぶり。

わたしだけがやられていた。