子宮内膜異形増殖症だって。

筋腫分娩から始まった闘病の全記録。

わたし達は、これからも旅をしよう。

洋上の朝。

やはり沖は荒れていて
朝ごはんは軽くおにぎりを食べて済ませた。

部屋に戻ってしばらくすると船内アナウンス。

仙台港に到着後
何やら苫小牧行きのフェリーは
乗客を乗せないまま
準備が出来次第
フェリーだけ北海道に戻るんだとか。

苫小牧まで帰る人たちは仙台1泊を余儀無くされた。

船もそうだけど
自然災害の前にどうにもならない事がある。

わたし達は仙台港に到着したら
お迎えの車に乗り込んでフェリー旅は終わるけど
明日には北海道にいないといけない人も
いっぱいいるだろーねーと
さっチンと言いながら
それでも何もなく無事に全員が帰れる事が
いちばん大切なんだよね。

その為の決断ならば仕方ないのかなぁ。

残り数時間の船旅も
あまりの揺れに出歩く気にもなれず
部屋で下船の準備をしながら窓の外の太平洋を眺めてた。

『こんな旅も楽しいな』
さすがB型であるw
『確かにな』
ふたりで笑った。

彼女はますます船旅が好きになったらしい。

やりたいことが出来るなら
それは何でもやろう。

出来ない事なら仕方ないけど
叶えられる事ならば全てをやりつくす。

死を意識したわたしたちだから
そう思うのかもしれないけど。

『今度はいつにするー?』
彼女の声も明るい。

わたし達はこれからも旅をしよう。

さぁ
もうすぐで仙台に着くよ。