子宮内膜異形増殖症だって。

筋腫分娩から始まった闘病の全記録。

意識喪失寸前の7月7日。

6月に入ってからも
ひどい出血の日を過ごした。

それでも落ち着いてしまうときが来るから
騙し騙し毎日の仕事をこなして生活する。

今までなら
立った時とかにどっと出てきてた血の塊。

夜、眠っていても
目が醒めると気持ち悪くて
腰の辺りが濡れている感じがして触ると
その手には真っ赤な血がついてくる。

びっくりして飛び起きて
慌ててトイレで服を脱いでみると
血の塊がパンツの中に出ている事もあった。

寝ていて出たのははじめてだったから
その時は本当にびっくりして。

夜中に何度
シーツと服を変えたかな。



7月7日。

仕事帰りの駅でまたもや大量の出血。
暑くなりはじめた空気のせいか意識が朦朧とした。

このままだと服が汚れるからトイレに行きたいのに
足がなかなか前に進まない。

何とか必死でトイレに駆け込んで個室に座る。

出きるまでレバーを出そう。
いつものように落ち着くまで。

動悸と脂汗。

時々意識が飛びそうになる。

駄目!!
しっかりしなくちゃ!!

少し落ち着いたら
すぐ横にある駅中交番に駆け込んで
救急車を呼んでもらう手もあるから。

ここで意識を失う訳にはいかない。
必死で自分に言い聞かせた。