子宮内膜異形増殖症だって。

筋腫分娩から始まった闘病の全記録。

処置室の沈黙。

この日の先生は女医さん。

めっちゃ若くて綺麗。

入院の時にも何度か朝の回診で話したり
診察もしてもらった。

先生は『お待たせしました!』と笑顔。

わたしは作り笑顔は出来なかったけど
『よろしくお願いします。』と返した。

『紹介状見させてもらいました。
また筋腫分娩してるんだねー。
診察して出て来てるものを少し取って
組織の検査をしましょう。』

『あ、はい‥。』

いつものように
中待合室に戻り処置室に呼ばれるのを待つ。

言いたい事。
聞きたい事。

沢山あるのに何も言えず。

説明の時に絶対聞かなきゃ!!



看護師がわたしの受付番号を呼ぶ。

小さく返事をして処置室に入ると
名前と生年月日を確認して
あの椅子に座る準備。

『あの‥出血してるんですけど‥』
『大丈夫ですよー』

大量ではないが
まぁまぁ出血していたので
気にしながら椅子に座った。

椅子が動き出して先生が入ってくる。
『では内診からしますねー』
『はい』

『次、器具入りますよー力を抜いててくださーい』
『はい』

『‥‥‥‥‥‥‥‥‥。』
『‥‥‥‥‥‥‥‥‥。』

沈黙。