子宮内膜異形増殖症だって。

筋腫分娩から始まった闘病の全記録。

8月半ばの診察室で。

お盆が過ぎ8月のなかば。

両親と彼と4人でオペ前の説明を聞きに病院を受診。

いつもならば
予約の時間通りに呼ばれる事なんてないのに
オペの説明だからなのか大幅にずれ込むこともなく
診察室に通された。

診察室の入口に表示されたモニターの
ドクターの名前を確認。

“あー‥婦人科・産婦人科の中でいちばん偉い人だね”

救急の時にも担当医としてお世話になったドクターだった。



ぞろぞろと診察室に入ると
ドクターが『お待たせしました』と迎えいれてくれた。
まさかの人数に看護師サンがパイプイスを出してくれて
全員でドクターの一挙一動に注目。

それを見てか
ドクターが『総出ですね』と優しく笑う。
『あ、はい‥なぜか』と、わたし。



ドクターがパソコンと術前検査の結果をみながら話し出す。

『この間、術前検査してもらいましたが
特に問題もないようですので今日は手術の説明をします』

いよいよだ。
覚悟はしてきた。

もうやるしかない。

前にも言われたような事を改めて皆で聞く。

『ポリープは良性なので
その後で子宮の内膜を掻き出して組織を検査します
前よりも内膜が厚くなってるのが気になるので
その結果が出る頃にまた外来で来てもらいます』

麻酔の方法
オペ後、退院になるまでの流れを一通り聞いて
わたしは意外と平常心で
椅子に座ったままドクターを見ていた。

『何か心配な事とか不安な事はありますか』

‥何もかもである。

だけど
どこか他人事みたいに
わたしは首を横に振った。

その時
隣に座った彼の右手が
わたしの背中をさすった。

“?”

彼の顔を見るのと同時位に
彼がドクターに話しかけた。

『下半身麻酔が不安だって言ってるんですが
大丈夫でしょうか』

『まあこればっかりは個人差があって
痛くない人もいたりしますけど
押し込まれる感じはすると思います
体をまるく体育座りをして横になる感じで
そこで麻酔科の先生が腰に注射していきます』

『痛み止めの最初のところが
痛みとしてはいちばん痛いですかねー。
それが終わってしまえば後は痺れてるだけで
そのうちに手術は終わります』

それを聞いた彼が
『大丈夫かなぁ‥』とわたしを見た。